2016dates

いちょう並木 「森のやきものフェア」は毎年、東京・明治神宮外苑で催される「いちょう祭り」と同時開催される物産フェア。信楽焼や有田焼などのやきものをはじめ、多彩な工芸品が展示販売されます。
毎年11月中旬から12月上旬まで、青山通りから聖徳記念絵画館に向かって約300メートル続く146本のいちょう並木が黄金色に染まります。落ち葉で埋め尽くされた並木道はまさに黄金色の「いちょうのトンネル」となります。一番の見頃となるこの時期に開催されるのが、150万人以上の観光客が訪れる「いちょう祭り」。聖徳記念絵画館といちょう並木の間の広場に、特産品の販売店や飲食店が出店します。
この秋、「いちょう祭り」と「森のやきものフェア」に足を運んで、「秋の味覚」と「芸術の秋」を堪能してみませんか。

最寄駅

東京メトロ:外苑前駅または青山一丁目から徒歩約8分(いちょう並木までは約5分)
JR総武線:信濃町駅から徒歩約8分
都営大江戸線:国立競技場駅から徒歩約10分

イベント概要

名称 森のやきものフェア ~全国工芸職人展~
会期 11月18日(金)~12月5日(月)
会場 東京・明治神宮外苑
入場料 無料
主催 「森のやきものフェア」実行委員会